社員インタビュー④

  • TOP  >  
  • 社員インタビュー④

株式会社西日本測量設計で働く仲間のご紹介④

株式会社西日本測量設計で働く社員をインタビュー形式でご紹介致します。当社は久留米の地域密着企業で、建設コンサルタントの他に測量、補償コンサルタント、開発支援業務を行ない、多くの専門業務があります。社員の入社からの経歴、仕事のやりがい、仕事に対する想いなど採用募集に応募される方に参考になる内容となっています。

社員インタビュー④

社員インタビュー④
  • 所属部署:
  • 技術部技術1課 太宰府支店
  • 名前:
  • 社員インタビュー④
  • 出身校:
  • 福岡県立新宮高等学校
    国立佐賀大学
  • 所有資格:
  • 技術士補(建設)

CAREER入社からの経歴

1st
道路関連資材メーカーに入社。
コンクリート2次製品用型枠の設計に従事。
2nd
出産に伴い前職を退職し子育てと
パートタイムの仕事を両立していたが、
子どもの手が離れるにつれ土木業界へ
の復職を諦めきれず転職活動を始める。
3rd
株式会社西日本測量設計に入社。
技術部に配属され、
主に道路設計の担当助手として
設計業務に従事する。
入社のきっかけ

入社のきっかけ

大学での専門分野を活かせる事と、前職からのブランクがありながらもチャンスを頂けた事が大きかったです。正直技術職での復職は厳しいのではと思っていたので、内定を貰えた事が嬉しく、早く仕事を覚えて少しでも会社に貢献できる人材になりたいと思いました。

自身の担当業務に対する想い

主に道路分野の設計を担当しています。道路も大小様々で、概略設計から詳細設計まで業務も多岐に及びますが、先輩からたくさんアドバイスをもらいながら一つ一つ進めています。生活を支える社会資本である道路に少しでも関われる事を嬉しく感じています。

日頃仕事に対して心がけていること

日頃仕事に対して心がけていること

少しでも疑問に思った事は後回しにせず調べたり聞いたりする事を心がけています。
また、道路を利用する人や発注者の視点に立って考えられる技術者になりたいと思っています。関わり方で成果が変わってしまう仕事ですので、より良くしていくという気持ちを大事にしたいです。

仕事のやりがいを感じる瞬間

仕事のやりがいを感じる瞬間

当社はチームで力を合わせて業務を進めるスタイルです。1人では決して完結出来ないような仕事でも、チームの一員として関わる事ができるのは大きな魅力だと思います。最初に関わったのが道路改良事業だったのですが、完成して設計前より走りやすくなった道路を見に行った時は嬉しかったです。また実際に使われている道路を見る事で、より仕事への責任感を感じました。

仕事を通じての生活感

忙しい時期などはつい仕事に夢中になってしまう事があるのですが、上司の方から帰宅を促される事もあり、とても恵まれた環境だと感じています。また、日々支えてくれている家族の為にも仕事と家庭の両立には気をつけています。仕事で離れている時間が多い分、土日は家族と過ごす時間を大切にしています。

今後の目標

今後の目標

今関わっている業務について最善を尽くしていきたいです。少しずつ出来る事を増やしていきたいと思っています。
また、近年は気候変動に伴う災害も頻発しており、予測のつかない状況が続いています。技術もどんどん進んでいくので、新しい事にも常に挑戦していく気持ちを持ちたいと思っています。

久留米の街に対する想い

久留米の街に対する想い

結婚し久留米のお隣の鳥栖に暮らし始めて10年になります。久留米はショッピングやレジャーでよく利用しており、とても身近な存在です。家族でよく筑後川の河川敷をサイクリングしています。美味しい飲食店も多く素敵な街だと思います。

SCHEDULE1日のスケジュール

07:45
出社(車通勤)
08:00
メールチェック。
当日の予定を確認。
08:30
チームで進捗を確認。
個人の作業内容を決定する。
12:00
昼食
13:00
午前中の作業中に
出た疑問点を上司に確認。
16:00
上司に本日の進捗を報告。
設計方針の変更などある場合にはチームで
集まり内容を共有する。
17:30
明日のスケジュールを
確認し退社。