令和元年度内定式

令和元年度内定式

令和元年度内定式

来年度入社予定者の内定式を開催しました。

令和元年度内定式

1人目の内定者は、佐賀大学大学院工学研究科物理科学専攻(素粒子理論研究室)の辻茂幸くんです。

土木とは全く畑違いの物理学(素粒子理論)の勉強をしている彼ですが、地頭の良さと勤勉さを評価しました。

地道に勉強を重ね、何事にも手堅く、着実に課題をクリアするタイプで、コンサルタント向きだと思います。

令和元年度内定式

2人目の内定者は、九州産業大学工学部都市基盤デザイン工学科の安武陸くんです。

土木の知識はもちろん、現在は山下三平先生の研究室で、景観やまちづくりの勉強をしています。また、その名の通り、陸上をずっとやっており、大学では体育会執行部にも所属。バリバリの体育会系です。

自分のオリジナルの考えを、自分の意見として、相手に伝えることが出来るタイプで、こちらもコンサルタント向きだと思います。

令和元年度内定式

式の最後は、内定者2人と弊社役員と記念撮影。

弊社コンサルタント部門である技術部の記念すべき新卒第一期生になります。

期待しています!